もともとの経済は金本位制であったのにニクソンショックで崩壊した歴史をみんな忘れている


現代貨幣(MMT)理論を信仰している人たちに共通する発言は、

  • 『今は金本位制ではない』

といった点を指摘できると思います。

その意味するところは、

  • 金本位制ではない

ので、

  • 金の価格や一国の富の総量

に関係なく、

  • 紙幣や通貨をいくら発行しても、

  • 国が財政破綻や通貨危機に陥る

心配はまったくないと言う理由です。

  • ですが、安心してください。

それは

  • 今が金本位制ではない

だけで、

  • 昔は金本位制であった

ので、変わったところで、

  • 資本主義の本質的な仕組みを変更することができない点

です。

マルクス 資本論 1 (岩波文庫)
向坂 逸郎
岩波書店
2017-11-16


本日は、

  • なぜ、金本位制が崩壊したのか?

というニクソンショックの話と、

  • なぜ、金本位制が崩壊すると財政破綻や通貨危機が起こるのか?

という理由について考察を深めてまいります。


金本位制は通貨と金が、いつ、いかなるときでも兌換(交換)できる制度


ドイツがハイパーインフレに見舞われて第二次世界大戦に突入した話は有名です。

ハイパーインフレの悪夢
アダム ファーガソン
新潮社
2011-05-25


第一次大戦以降の深刻な戦費国債や負債にあえぐ最中、

  • 金との兌換(交換)を停止し、

  • 通貨を発行し過ぎたことによりハイパーインフレに見舞われました。

と言うことは、

  • ハイパーインフレに見舞われる前は金本位制であったワケで、

  • 金本位制とは何か?

ということを考察した方が理解しやすいと思います。

それは

  • 通貨が金と兌換できる制度

です。

兌換とは交換を意味します。

つまり、市場に流通している紙幣や通貨といった貨幣が、

  • いつ、
  • いかなるとき

でも金に交換できる制度です。

100円の通貨であれば、

ちょうど100円分の金と、

  • いつ、
  • いかなるとき

でも交換できる制度です。

この制度であれば金の価格が上がったにしても、

  • 通貨と金はペアになっている

ので、

  • 一方の価値が上がれば、
  • 他方の価値は下がる

ものとして、物価の上昇や抑制に機敏に対応できるからです。

ニクソンショック以降、金本位制が崩壊し、価値の裏づけのない紙幣や通貨が増えている


この制度を世界的な規模で反故にしたのがニクソンショックで、

それ以降、各国は金との兌換を停止し、

  • 通貨を発行し放題になった問題

を考察している経済学者は少ないと思いました。


ニクソン・ショック、ニクソンショック(英: Nixon Shock)とは、1971年8月15日に発表された、米ドル紙幣と金との兌換一時停止を宣言し、ブレトン・ウッズ体制の終結を告げた新しい経済政策をいう。

そして、今ビットコインへ投資している人や金に投資している人たちは、

決まって、

  • この問題の方を注視しています。

現代貨幣(MMT)理論信者や国債を無制限に発行する信者は、

  • ビットコインに関して価値の裏づけ

を盛んに求めるのもこの問題に起因しているからと思われるからです。

そして、どちらかと言えば、

  • 金という富の源泉から、

  • 紙幣や通貨が発行されている

ので、

  • 紙幣や通貨の価値の裏づけは、

  • 本来、金であった

と言うことができます。

その制度を崩壊させて、散々、紙幣や通貨を発行して、

  • ビットコインだけに価値の裏づけ

を求めるのはかなり滑稽な誤りである気がしています。

そういう意味では、

  • ビットコインは金と同様で、
  • 金とペアになっています。

金を価値の裏づけとして紙幣や通貨を発行していたが、金本位制が崩壊したことにより裏づけがなく発行されている現在


逆に今や紙幣や通貨の方が

  • 価値の裏づけを失ってさまよっているような存在

だからです。

  • では、紙幣や通貨の価値の裏づけはなんでしょうか?

もともとは金本位制でありました。

それは金でなければいけませんでした。

ニクソンショック以降に廃止されましたが、

ではそれ以降は何を裏づけに発行されているのでしょうか?

新型コロナ以降に刷りすぎたお金やかさむ医療費に対して、

何を価値の裏づけとして、

  • 紙幣や通貨を無制限に発行したり、
  • 国債を無制限に発行できるのでしょうか?

それは元々、金だったのですが、

金に変わった何かが存在しない限り、

裏づけのない紙幣や通貨をどんどん発行していることになるからです。

そして今、金の価格は上がっていますし、ビットコインの価格も上がっています。

もし借りに金本位制に戻るのだとしたら、

  • 紙幣や通貨は紙切れのような価値

になってしまうことに気がつくと思います。


それはもうすでに乖離し過ぎているからです。

兌換するにしても

わずかの金

としか交換できなくなっているからです。