仕事09191

働いている人の気持ちが分からない首相 置きざりにされる納税者


新型コロナウィルスの影響で観光客は激減しました。

ホテルとかインバウンド事業の観光業が壊滅的な打撃を受けております。

飛行機も運行を減らしているので、かなりのダメージになっている模様です。

さて、今回の新型コロナウィルスは誰も悪くありません。

すべてはウィルスの仕業です。

ですが、そのウィルスは拡散が速くて、自覚症状もあったりなかったりするからやっかいなのです。


で、安倍首相は何回か会見を行なったのですが、モデルケースが専業主婦世帯だからか、多くの国民の生活とはかけ離れた支援になっている可能性があります。

オレたちは誰のために働いてるんだ!


不景気の影響を真っ先に受けるのは派遣社員や時給で働いているアルバイトです。

それは契約切られたり、解雇されたりするのはいたし方ないという識者もいらっしゃいますが、悪くもないのに契約を切られたり、解雇されたりして生活が破綻するのは非常に理不尽な仕打ちとなってしまいます。

今回の新型コロナウィルスに端を発するこういった論争は、いつも通りの経済観とか労働観で論じても意味はなく、極めて特異な例だという点です。

世界中で感染者を広げない為に営業停止や渡航禁止などを行ない、交通を遮断しております。

それはウィルスの感染を防ぎ、命を守るためです。

ですが、常日頃生産してお金を稼ぐ経済はそのために止められています。

この経済の停滞が契約切れを生んだり、解雇を生んだりしている図式なので、そこのサポートは必ず必要で、論じられなければいけないと思います。

派遣社員やアルバイトを雇用してくれとは言いませんが、命を守るために経済が停滞し、雇用がなくなりました。

通常であればそれは競争で淘汰されて仕方がないのですが、今、たまたま雇用者として生きていたために雇用がなくなり、お金が必要なのにもらえないのは平等の観点から激しく乖離します。

たとえばこれが年金生活者であれば、別に被害は被らないと思います。

昔働いたので、今はリタイアしているからです。

ですが、今働いている人はたまたま今回の新型コロナウィルスの影響で経済の停滞に当たり、それで雇用が維持できなくなって路頭に迷うことになると、働ける人自体が足りなくなりそうで怖いのです。

どっちみちあとでみんな困る


もちろん、企業が営業できるぐらい体力がなくなったから雇用が維持できないのですが、たまたま時代的にそこで働いていた人たちが生活に困る具合になり、働かなくていい世代は比較的困らないということになれば、どっちみちあとで全員が困る図式が目に見えてます。

今は雇用が切られたりした人たちが困るでしょう。

年金生活や生活保護など、会社以外から手当を受けている人は温存されます。

ですが、もろもろ進行して、営業を再開したり、経済が復活した際、働ける人の総数が減っていそうです。とくに日本の場合…。


なので、ベーシックインカムとは言いませんが、なんらかの生活手当がないと、今、働き盛りの世代はかなりの不平等に陥ると思います。

多分、高齢化って政治的にも高齢者に優しい政策となります。

ですが、高齢者に優しい政策を行なっても、税金や年金を支払うのは現役世代なので、回収ができないと政治システムは維持できず、制度的な欠陥となっています。

意味が分からないと思うのですが、今でさえ社会保障費が足りないのに、日銀やグリフは税金や年金で大企業の株なんかを買ってますが、もうその下落で2兆円から3兆円の含み損が出ています。


で、それ自体も新たな国民負担なんですが、一体、誰が負担していくつもりだと考えているのか謎なのです。

今まさに、働いている人たちが生活に困り、働いている前線から離脱しようとしているのに…。

それをオラがたは昔苦労したからと言われても、昔の苦労と今の苦労は違っていて、こと新型コロナウィルスについては誰のせいでもない理不尽さがあります。

たとえば時給1.000円だとして8時間働く仕事の場合、

  • 1日休めば8.000円の損失です。

  • 2日で16.000円です。

  • 10日で80.000円です。

  • 20日で160.000円です。

正社員であれば有給を使ったり、休んだとしても給料が減らされることはあまりありませんが、派遣やアルバイトは休んだ分、給料が減るワケです。

生活が行き詰まれば生活が破綻する人も出てきますし、体を壊す人も出てきます。

真面目に働くのがバカらしくなる社会


ところが、今、年金で生活している方やすでに体を壊して何らかの手当を受けている方の方が得をすれば、やはり働くのがバカらしくなってしまいます。


本当に、今、働いている人たちの方がかわいそうで、働いてない人を守るために働いている気すらするのです。

感染を広げないのも、高齢者が感染すると亡くなる確率が高いのでそうなってますが、実際、もしかしたら若い人から見ると、経済を止めるぐらいなら感染して亡くなる人はいたし方ないという解釈の方が正解なのかも知れません。


医療崩壊が起こったとしても、医療にかかってなければ困りませんし、体が丈夫であればさほど困らないワケだったりします。