IMG_0842

めんどくさいことはすぐやるに限る


めんどくさいことは基本すぐやる派です。

めんどくさいの原理って、溜めておいたことによる心理的なダメージによるものが大きかったりします。

それに気づいてからはその心理的ダメージを避けるべく、気づいたときにやるようにしてます。

お金をかけずに100均グッズですぐやる


今回は30分で終わる100均洗車の話です。

洗車ってガソリンスタンドなんかでもできますが、お金がかかったりします。

できるだけお金をかけたくないのと、原理原則が分かればあまり物もいらず、けっこう簡単にできます。

んで、おおざっぱに汚れってホコリとか砂だったりします。

なのでたいていの場合、払えばいいのです。

んで、ワックスなんかもありますが、今ってシリコンとかあるんで、正直、油のような水を弾くものであればなんでもいいのです。ワックスじゃなくても…。

その原点に立ち返り、用意するものはこちらです。

すべて100均で用意できます。

IMG_0848

右から順に、

  1. クイックルワイパー(汚れたものでいいです。)
  2. シリコン配合のクリーナー(これはセリアの自転車クリーナーです)
  3. マイクロファイバー(これはダイソーのマイクロファイバーグローブです)

以上、3点あれば始められます。

その他、ブラシとか濡れたマイクロファイバーがあれば尚可です。

んで、はじめに全体をクイックルワイパーで払ってゆきます。

汚れはクイックルワイパーに付きますし、ホコリとか砂であれば払われます。

んで、次に、シリコン配合のクリーナーで汚れの目立つ箇所だけ拭き取ります。

でも、窓は全体を拭いた方がいいです。

んで、最後にシリコン配合のクリーナーの汚れなどが残っているのでマイクロファイバーで磨くように拭いていきます。

これでシリコンの成分も伸びますし、拭き跡もキレイに伸びます。

Before・ After徹底比較


Before・ Afterの写真はこちらです。

フロント窓側です。

Before
IMG_0842
After
IMG_0854

フロントボンネット側です。
Before
IMG_0843
After
IMG_0855

運転席側窓です。
Before
IMG_0844
After
IMG_0856

後ろ側窓です。
Before
IMG_0845
After
IMG_0858

どうですか?

キレイになってますよね?

ムダに水を使ったり、洗剤を使うよりいいと思います。

洗い残しとかなくなるので…。

  1. んで、基本原理でホコリや砂を払えばいいので、クイックルワイパーとかブラシとか払う物ならなんでもいいです。
  2. んで、シリコンでワックス効果と言いますか、つやピカ効果を与えます。雨の日とか水弾きますんで…。
  3. んで、仕上げでマイクロファイバーで汚れを取りつつ、シリコンをなじませる感じです。

この3原則を踏まえていたらやり方は自由です。

簡単ですよね?

以上、元ビルメンが教える30分で終わる100均洗車の話でした。