IMG_6530 2

タイヤのパンクの原因は穴が空いた場合とバルブの虫ゴムがダメになった場合のふた通り


ボロボロの自転車でもまだ乗れます。

タイヤのパンクに関しては、

  • タイヤに穴が空いた場合と、
  • バルブのゴム(虫ゴム)がダメになった場合

のふた通りの原因が考えられます。

ですが今ではAmazonでタイヤの交換用チューブが安価で買えますので、

ある程度の経年劣化があれば買い替えて交換した方がいいのかも知れません。

虫ゴムを交換したところで、またダメになる可能性の方が高いので、

先行投資するという考え方です。

ボロボロの自転車はネジがサビていて回りにくい


IMG_6521 2

こちらのボロボロの自転車がパンクしました。

27インチのシティサイクルです。

Amazonで交換用のチューブが641円だったので、

購入して交換してみることにしました。

IMG_6522 2

後輪のネジを保護するゴムすら、固くなっていて取るのに往生しました。

IMG_6523 2

ゴムを傷つけたくない人はウェスを当てて

プライヤーではさんで回してください。



この使い捨てのウェスは便利ですよ。



元ビルメン愛用です。

キッチンペーパーのノリで使えます。

ボロボロの自転車はネジがサビたりして固くなっているので、

あらかじめナイロンブラシでサビをかき出したり、

パーツクリーナーでサビ粉を落としておくことをオススメいたします。



そうすればネジが回りやすくなります。

IMG_6525 2

固い箇所は手を変え、品を変え、ネジを回す努力をしてください。



なかでも、

後輪のブレーキワイヤーの箇所や

IMG_6538 2

ディスクブレーキを止めている箇所

IMG_6537 2

のネジが特に固くなっていました。

IMG_6543 2

10ミリのナットでしたが、

ボックスレンチでやってみたり、

メガネレンチでやってみたりして、

やっとこさ、

ネジが回りました。



ネジが回らないとタイヤ自体、外せなくなるので、

交換用チューブを買う前に、

  • ネジが回るか?
  • どうか?

確認した方がいいと思いました。



なぜなら、

ネジが回らないと、

641円をドブに捨てる

ことになるからです。

IMG_6550 2

英式のバルブなので、バルブを通してから虫ゴムを入れて完成です。

IMG_6551 2

タイヤに穴が空いてないか?

IMG_6552 2

も一応、確認します。

IMG_6549 2

タイヤに穴が空いていたら、

せっかくチューブを交換しても、

また穴が空いてしまうからです。

IMG_6553 2

あとは外した箇所をはめてゆけば元どおりです。

IMG_6555 2

ブレーキワイヤーは締めたタイミングで干渉がないか?

確認してください。

IMG_6557 2

干渉していると、

キューキュー

言います。

そして、重いです。

あと、

変速も回るか?

どうか?

確認してください。

変速は最悪、後からでも調整は可能です。

ギアだけ回ればいいです。

IMG_6558 2

はい、このとおり。

すべからくタダにこだわって、

  • ひたすら治す

という方法もお得なのですが、

ある程度、経年劣化してくると壊れる可能性の方が高いので、

その場合は交換用チューブを買ってしまった方が安くつくと思います。

  • パンクの原因を探したり、
  • パンクの可能性がある状態

もコストだからです。

今ではAmazonで安く買えるのでオススメです。

後輪は少し難易度が高いかも知れません。

IMG_6559 2

ブレーキワイヤーと変速を外すことになるので…。

前輪の場合は躊躇なく、

  • 買い

です。

よろしければお試しください。