冷却塔

人手不足になると設備不良はつきもの


レジオネラ菌の死亡事故が相次いでいたりします。


不景気や人手不足が深刻になると設備的な管理がおろそかになってくるので、設備不良による事故や死亡例があとをたちません。

元ビルメンの当ブログでは、

  • レジオネラ菌がどうやって発生し、
  • どのようにすれば防げるのか?

考察してまいりたいと思います。

レジオネラ菌は水を扱う施設で起こりやすい


レジオネラ菌は自然界にすむ細菌で水回りでよく発生します。

古くは冷却塔から発生し、その近辺にいた人に肺炎が広がったことで問題となりました。

冷却塔とはボイラーの温かい水が流れ、それを冷やす塔です。

そこから冷まされた冷水が施設に循環し、施設の温度を下げたあと、温かい水になって戻ってきて、また冷やされます。

熱交換の仕組みで冷水と温水が使われるからです。

その水回りが不衛生な状態であるとレジオネラ菌が発生し、冷却塔なんかでは攪拌して冷水にするので飛沫が飛び散ります。

この飛沫となったエアロゾルが近くの人の肺に入り、感染したものがレジオネラ肺炎と言われています。

日常生活にもいる微生物


同じようなことが入浴設備や家庭のお風呂、加湿器なんかでも当てはまります。

お風呂のぬめりなんかは一般にバイオフィルムと言われていて、微生物が形成する生物膜なのです。

日常のいたるところに微生物が住んでいて、お風呂のぬめりもその一種であったりしています。

レジオネラ菌もそこに生息したりするので、ぬめりはキレイにしておいた方がいいと思います。

冷却塔の中も何も清掃しなければ水が循環する設備なので、汚れがたまります。

そして、その中のぬめりの中に生息し、水の飛沫がエアロゾルとして肺の中に入るとレジオネラ肺炎に感染します。

なので、

  • 水を扱う施設では水回りの清掃がいかに重要か?

ということがご理解いただけると思います。

通常の公共施設では特定建築物定期報告でチェック済み


通常の公共施設であれば、

  • 特定建築物定期報告

というものがあり、その中に、

  • 水質検査項目

もあるのでレジオネラ菌のある無しも確認しています。

目に見える箇所もそうですし、配管なんかにぬめりがある場合もあります。

水道水には少なからず有機物質が流れる


水道水には有機物質が流れるため、有機物質を取り除くために塩素が使用されます。

その残留塩素の濃度も濃ければ濃いほど消毒効果は高いのですが、味も悪く、人体にもあまりよくないのです。

塩素は人体に入ると腎臓や肝臓なんかで分解されます。

また、残留塩素濃度が低ければ味もおいしく人体にもよいのですが、消毒効果は弱くなったりするのです。

いずれにしても水分中に有機物質がいるということは細菌が流れているので、それが集まればぬめりのような生物膜を形成するのです。

水道の配管もそうですし、水道水の水質検査もそうなのですが、人手不足が深刻になったり、不景気になったりするとおろそかになってきて、しっかり検査されなくなる場合があります。


そのほかに受水槽も汚れていれば塩素消毒や清掃が必要になります。

日本の水道水はおいしいと言われているのですが、それはけっこう無料で管理されているからであります。

他の国ではあまり無料なものは管理したがらないので、水道水はまずかったり、水はペットボトルで用意したりしているみたいです。

なので、ただで水が飲める国はありがたく、むしろ維持できなければ値上げもやむをえない話であったりします。

レジオネラ菌が発生すると設備のせいになったりしますが、設備のぬめりが原因の場合もありますし、配管のぬめりが原因の場合もあります。

対策としては原因となる設備のぬめりの除去や配管の交換、または塩素濃度を上げての対応になるものと思われます。

いずれにしても決済は設備の持ち主や運営者に限られるので、難しいところであったりします。