onechan's blog

ビットコインへ投資しつつ経済を考察しています。

タグ:三島由紀夫

960年と1968年-1970年に学生運動という大学生が政治的な運動で暴動を起こす運動がありました。1回目の1960年は日米安保同盟に反対した学生たちが抗議運動を行ない、社会問題となりました。2回目の1968年-1970年ではベトナム戦争反対やそれにともなう日米安保同盟の反対などが抗議のメインとなっております。 ... もっと読む

日本においては型にハマった考えの人が多いので、ある程度の年齢になったら大人になって、結婚したり子どもをもうけたりしています。ですが、海外の方では大人になった人がそういう選択をしたり、大人になれずに子どものままの人はそういう選択をしないといったかなり自由な選択が可能であるということを、日本の人たちはあまりご存じないような気がしています。 ... もっと読む

太宰治と三島由紀夫は好きで昔よく読んでました。しかしどちらかと言うと太宰治の方に共感を覚えていて、三島由紀夫は面白みのない印象でした。太宰治の特徴は、本人が薬物中毒であった点や、何よりもけっこう適当な人間で、人によって自分を演じたり、本当の自分が分からなくなっていた点です。 ... もっと読む

新型コロナウィルスの影響で浮かび上がってきた日本独自のMurahachibu(村八分)の文化について考察を加えます。日本ではどうも、この法律によらないところのMurahachibu(村八分)の文化やMurahachibu(村八分)の制裁が根強く残っていて、それが息苦しさの根幹をなしているものという理解に行きつきました。 ... もっと読む

新型コロナウィルスの影響で経済が冷え込んで飲食点業界やホテル業界などが大打撃を受けてます。んで、一番肝心なことはこの新型コロナウィルスとの戦いがいつまで続くのか?分からないという点です。まだ有効なワクチンも開発されておりませんし、有効な治療法も確立されておりませんので、感染してしまえばかなりの致死率が想定されます。 ... もっと読む

『人間失格』についてはあたかも暗いような、深刻なイメージがつきまとうのですが、実際、『人間失格』を読んでみると、そんなに暗くなくて、むしろあまりにも自分がなさ過ぎて、かなり軽薄で自分を見失ってしまうさまが描かれています。 ... もっと読む

人によく思われたいと思って生きていたときもありました。身近なところでは両親によく思われたいというのが最初で、友だちによく思われたい、恋人によく思われたい、奥さんによく思われたい、子供によく思われたいなどです。 ... もっと読む

↑このページのトップヘ